地域住民の健康な生活を守ることに専念し、信頼される医療に最善を尽くします
TEL:0884-28-7777

言語聴覚療法

言語聴覚士(ST)

言語聴覚士とは、脳血管疾患など何らかの原因により、食べ物や飲み物を飲み込みにくくなる、言葉が出にくい、ろれつが回りにくいなどの症状がある方に対して、リハビリテーションを行う仕事です。評価を行い、患者さんに合わせたリハビリテーションを提供しています。

摂食・嚥下障害(飲み込みにくい、むせるなど)
水分でむせる、ご飯が飲み込みにくいなどの症状が現れた患者さんに対して、口のケアやスムーズに飲み込みが出来る様に訓練を行います。飲み込みが悪くなる原因としては、脳血管疾患や、肺炎、老化による筋力低下など様々です。当院では、耳鼻科と協力し嚥下評価を行い、リハビリテーションを提供しています。

構音障害(ろれつが回りにくい、声が出にくいなど)
脳血管疾患により、顔面や舌の動きにくさが出た場合、ろれつが回りにくくなります。そのため、口や舌の体操、言葉をはっきり話す練習、声を大きく出す練習などを行います。

失語症(話し言葉や文字の理解ができない、言葉が出ない、字が書けない、読めないなど)
脳血管疾患により、聞く、話す、読む、書く能力に問題が生じた場合に評価を行い、理解力の練習や話す練習を行います。また、実際に文字を書く練習や文章を読む練習なども行います。

高次脳機能障害(ものを覚えられない、注意が散漫になる、段取りが悪くなるなど)
その日あったことを記憶すること(記憶力)、目の前のことや周囲に注意を向け集中すること(注意力)、適切な行動を判断すること(判断力)などは脳の各部位が複雑な連携を取り合って機能しています。これらに問題が起きた場合、評価を行い、記憶力や注意力のリハビリテーションを行います。また、作業療法士や病棟と協力してリハビリテーションを行う場合もあります。

失語症教材
高次脳機能評価用具

言語聴覚療法室兼高次脳機能評価室