地域住民の健康な生活を守ることに専念し、信頼される医療に最善を尽くします
TEL:0884-28-7777

スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

Page:先頭 <前 1 2 3 4 次> 最後

全34件が見つかりました 1~10件目を表示しています
◆2020年

笑顔とシンボルマーク

2020/05/11 

2020年5月1日

 

院長室付近が

 

ざわざわ

がやがや

 

いつもと違う雰囲気。

 

 

そーっと近づいて

 

「家政婦は見た」状態の筆者。

(わからないお若い方々、すみません)

 

 

 

 

報道陣の方々がたくさんいらっしゃいます。

 

 

阿南医療センターおよび緩和ケア病棟のシンボルマークが決定し、

その表彰式でした。

 

 

阿南医療センターのシンボルマークは爽やかではつらつとしたイメージ

緩和ケア病棟のシンボルマークは暖かい優しさに包まれたイメージ

(図柄詳細はホームページをご覧ください)

 

 

表彰式の様子は

ケーブルテレビで放映されるとのことで省略!!

 

いつも雑なブログですみません。

 

 

筆者は取材陣を取材してみました。

 

 

 

 

カメラのお兄さん、かなり近寄って取材されております。

 

光の方向や画面を確認しながら、美しい画像のため御自分は変な姿勢になりながらの撮影

さすがプロ。

 

筆者も見習って、きれいな写真が撮れるように頑張ります。

 

 

阿南医療センターのシンボルマークを作ってくださった方は

東京都にお住まいで

表彰式へのご参加はかないませんでした。

 

 

 

カメラのお兄さんがズームしているお相手は、

緩和ケア病棟のシンボルマークの作者の方ですが・・・

 

 

なんと!

 

 

(ご本人様および保護者様の了解を得て掲載させて頂きました)

 

 

地元、富岡東高校の生徒さん!!

 

 

かわいくて暖かいシンボルマークだなーと思っておりましたが

作者ご本人もかわいくて暖かい笑顔いっぱいの高校生!

しかも、地元の高校生!!

 

シンボルマークそのままの温かい優しさに包まれた雰囲気に

居合わせたスタッフ一同、大感激!!

 

 

シンボルマークに込めていただいた

暖かい、優しい、命を大切に思う気持ちを

ずっと

患者様にお届けできますように

 

 

その笑顔に負けない笑顔を

ずっと、ずっと、

お届けできますように

 

職員一度頑張っていきたいと思います。

 

本当にありがとうございましたheart



誰の家?

2020/04/28 

ここはどこ?

誰のおうちでしょう?

 

 

 

一昔前のモデルルームのような・・・

 

 

実はここ、4月に新しく開設された

「緩和ケア病棟」

なんです。

 

 

 

緩和ケアという治療の特性から、

一般急性期治療をおこなう病棟とは少し違う設備があります。

 

 

ちょっとしたお料理をしていただけるように

キッチングッズがそろっています。

 

 

 

 

さすがに動物を飼うことはできませんが、

メダカの水槽に癒されますblush

 

 

 

メダカは最近産卵したらしく、

赤ちゃんが産まれてくるのを

みんな楽しみに待っています。

 

 

~~~ここからは緩和ケア病棟A師長と筆者の会話~~~

 

 

筆者「緩和ケア病棟にはいろいろなものがあるから

   順番にブログに掲載してみて頂きたいですね」

 

A師長「そうなんです!

   是非見て頂きたいものがたくさん!」

 

 

筆者「しかし、一つだけ問題が・・・」

 

 

A師長「そうですね。たしかに問題・・・」

 

 

筆者「困りましたね・・・」

 

 

A師長「うーん・・・」

 

 

筆者「・・・・」

 

 

 

筆者「この話には『オチ』がありませんね・・・」

 

A師長「そうですね。困った・・・」

 

 

2人「・・・・・」

 

 

しばらく二人で考えましたが、

解決策としての「オチ」を思いつかず・・・・

 

 

すみません。

テレビやネットで勉強しておきますcrying



新人!?看護師研修

2020/04/14 

4月になり

阿南医療センターにも新人社会人たちが就職してくれました。

 

 

本日は新人ナース研修。

 

会議室でいろいろな講義や実習を受けた後、

病院各所の見学です。

 

で、

 

屋上ヘリポート見学の様子。

 

 

せっかくなので記念撮影したそうで

新人研修指導担当ナースのA主任が提供してくれました。

 

(新人ナース達とA主任、B主任)

 

 

しかし、この写真、

ピントが合ってない。だけど、この写真を採用。

 

 

A主任「もっと良い写真もありますよ」

 

筆者「でも、かわいい笑顔がばっちり写りすぎてて

   ファンクラブが出来てしまうと困るから、この写真にしますよ」

 

A主任「えー、それは困るー

    ちゃんと人妻だって書いてくださいよーー」

 

筆者「・・・・」

 

 

 

だから・・・

 

ファンクラブが出来て困るのは新人ナースちゃん達だよ・・・

 

 

A主任もかわいいですけどね。

 

ファンクラブができるなら

 

もう、とっくにできているでしょ。

 

 

どこまでも前向きなA主任を見習って

新人さん達も前向きに頑張ってくださいね。



桜よりももっと、満開!

2020/04/03 

阿南医療センターでは

現在

感染対策として

一部のご家族様以外の御面会をご遠慮いただいております。

 

 

入院中の患者様には

寂しい思いをさせてしまい

大変申し訳ございません。

 

 

けれども、

いつもにこやかなご高齢の女性患者様がいらっしゃいます。

 

 

その方の枕元には・・・

 

 

(患者様およびご家族様の許可を頂き掲載させて頂きました)

 

 

3歳のひ孫ちゃんから「じいじ」と呼ばれるようになった息子さんまで

ご家族の皆様の

 

「ばあちゃん大好き!」」

 

の思いが満開!

 

 

そしてこの笑顔の似顔絵が

なんと、そっくり!!

 

驚くほど似ていらっしゃいます!!

 

 

これをご覧になる「ばあちゃん」も笑顔満開!

退院に向けてパワー満タン!!

 

 

満開の桜のお花見ができなくても

もっと満開の阿南医療センターでした。

 

 

 



春の空気

2020/03/23 

ここ数日

暖かな春の空気を感じるようになりましたが

 

世間では新型コロナウイルスが世界中を脅かし

阿南医療センターでもその対応や今後の医療体制の検討に追われている毎日です

 

 

新型コロナウイルスの情報や

感染を疑った場合の対応方法の説明は

行政から一本化して行われることが適切であると思われ

このブログやホームページで説明させていただく訳にはいかず

 

急を要さない受診や面会をご遠慮いただいている中で

病院の様子をお伝えさせていただく訳にもいかず

 

約1ヶ月間

ブログは休止させていただいておりました

 

しかし

 

病院には

従来から頑張って治療を続けていらっしゃる方が

たくさんいらっしゃいます

 

御面会が少なく、

外出も控え気味の状況でも

がんばっていらっしゃいます

 

そんな方々にとって、

インターネット上の情報は貴重な気分転換アイテムになりました

 

 

「ちょっとした出来事でも

たくさん集めれば

闘病生活に彩りを添えたり

爽やかな風を吹かせたり

出来るかな」

 

 

ブログ開始から10ヶ月、

今でも

そんなブログでありたいと思っております

 

 

現在の世間の状態を楽観視しているのではなく

この状況を抱えてながらも

日常を大切にして次へ進むために

ブログを再開させていただくことに致しました

 

 

一日も早く

この春の空気を

心地よいと思える世界に

戻りますように

 

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します

 

 



院内カフェ、オープン!?

2020/02/20 

最近、阿南医療センター内で気になるものがあります。

 

 

1階の廊下にカフェっぽい看板!

 

ついにおしゃれな院内カフェオープンか!!

 

 

 

えっ・・・・

と・・・糖尿病教室ですか?

 

ちょうど売店の前でもありますし、

カフェかと思って中に入っちゃったじゃないですか。

 

 

お部屋の中はすっきりとして

気軽に相談できそうですね。

 

皆様、2時から毎日やっているそうです。

是非、お立ち寄りを。

 

 

それはそうと、このかわいい看板はなぜできたのでしょう?

 

 

筆者の得た情報によると・・・

 

糖尿病教室になにかかわいいものが欲しいと思ったA医師が、

上司のB医師におねだりして看板を買ってもらい

事務系職員Cさんに書いてもらったらしい・・・

 

Cさんって??

 

あっ、あの地域連携の受付さんですね。

 

地域連携受付とは、紹介状をお持ちいただいた方のご案内や

地域の先生方からのお問い合わせに対応させていただく部署です。

 

本業のお仕事に加えて

特技を生かしてみんなを喜ばせてくれるっていいなsmiley

これからもいろいろ書いてくださいね。

 

 

 

最後に、気になることが一つ・・・

 

 

このカフェ風看板のそもそもの発端は

「A医師」から「B医師」への「おねだり」でしょうか!!

 

職員の皆さん、欲しいものがあったら

B医師におねだりを・・・

 

 

いやいや、

 

誰でもは無理そうですから

 

A医師に頼んでB医師に「おねだり」してもらいましょうlaugh



大丈夫かな、さぼちゃん・・・

2020/02/10 

医局のパソコンで一生懸命に何かを作成しているA医師。

 

 

なにしてるのかな??

 

 

 

あっ!サボちゃん

(筆者と、筆者のスマホの実力不足のため、ブレブレ写真ですみません)

 

 

実は、今週の土曜日、

2月15日に

「徳島GMラウンド」が阿南医療センターで開催されます。

 

 

徳島県内の研修医の先生や医学部の学生さんにお集まりいただき、

総合診療の勉強会をするのです。

 

 

さぼちゃんが症例検討のお手伝いをするんですね。

 

 

公認ゆるきゃらとしての仕事が少ないとぼやいていたさぼちゃん、

大きなお仕事もらいましたね!

 

 

しかし、この人はちょっと心配そう・・・

 

 

 

さぼちゃんの父親的存在、広報部長。

 

さぼちゃんがこの大役をうまく務められるか

とても心配なご様子。

 

 

親の心、子知らずで

A医師の指導のもと、大役をになうさぼちゃん、

頑張ってねlaugh

 

 

徳島県の研修医の皆様、医学生の皆様、指導医の先生方、

2月15日には是非、阿南医療センターにお越しを。

 



医学部学生実習

2020/02/03 

2月になり、暖冬とは言いながら寒い日が続いておりますが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

実は、先月の1か月間

徳島大学医学部の5年生(医学部は6年生まであり、小学校みたいなんです)が

5人、実習に来てくれておりました。

 

大学病院では学べない実地医療を実習し、

それぞれ、思いを新たにして次のステップに進んでいってくれました。

 

学生実習にあたり

ご協力いただきました患者様およびご家族の皆様

ありがとうございました。

 

直接の御恩返しはなかなかできませんが、

学生たちが立派に成長し、次世代の医療をより良いものにすることで

御恩返しができればと考えております。

 

 

最終日に学生5人と一緒に写真撮影。

 

下段中央は、患者さん??

 

・・・いえいえ、違いますって!!

当院のおじいちゃ・・・あっ!・・・いえ・・院長ですよcheeky



ブログネタありませんか?

2020/01/24 

最近、ブログを書かせていただくにあたり、ネタがなくなってきた筆者。

真剣に悩んでおりました。

 

 

そこに登場した医療系スタッフAさん。

 

 

筆者「なにかいいネタありませんかね?」

 

Aさん「あるよ、たくさん。

 

まず、中学校の近くの民家の屋根の給湯システムが、猫みたいに見えるんだよ。

それから、那賀川橋から見える煙突が弘法大師に見えるところがあってね、

あと、「明治橋」って「めいじばし」でななくて「めいぢばし」だって知ってた?

近所の家の木の幹のコブが犬みたいに*?=!”#$%&’・・・・・・

・・・・・・・・・・・(さらに続く)」

 

 

Aさんワールド炸裂!!

 

 

途中まで内容をメモっていた筆者ですが、途中で断念。

 

 

個々の話の内容よりも、

Aさんがこんなこと考えながら通勤していること自体が「ネタ」だと思った筆者でした。

 

Aさん、貴重なネタをありがとうございますsmiley

 

 

しかーし、皆さん、

マイカー通勤は

あまりよそ見しないようにしましょうね。



市民公開講座にちょっと待った!

2020/01/17 

阿南医療センターでは市民の皆様に向けたイベントをいくつか企画させていただいております。

 

2月、3月、4月には阿南医療センター内で

市民公開講座が開催されます。

 

 

皆様、是非、お立ち寄りを。

何かお得な情報が一つでもあればと・”#$%&@:・・・

 

と、宣伝していると・・・

 

 

「ちょっと待った!」

 

と、声をかける人が!!

 

 

阿南医療センター公式ゆるきゃら(らしい)の

さぼ先生

 

 

さぼちゃん

 

のお二人。

 

(さぼちゃんの「さぼ」はサボテンの「さぼ」らしいです。

お二人の誕生秘話はまた改めて・・・)

 

 

さぼちゃん「せっかく公式ゆるきゃらになったのに、あんまり活動させてもらえない!!」

さぼ先生「僕にも講演させてくれ!!」

 

 

とのこと。

 

 

せめてポスターには

こんな風に使われたかったらしい・・・

 

 

 

企画担当スタッフの皆様、

 

今後、彼らの公式デビューの機会を設けてやってください。

 

よろしくお願いします。




最初のページです / 次の10件を表示
Page:先頭 <前 1 2 3 4 次> 最後